movie

湯道

ゆどう

Facebookシェアアイコン
0

日本の文化とは、「お茶」「生け花」「書」、そして――「入浴」 鑑賞効能:笑いと涙 “湯“一無二のお風呂エンタメに、あなたはドップリ浸かる!

【ストーリー】
亡き父が遺した実家の銭湯「まるきん温泉」に突然戻ってきた建築家の三浦史朗(生田斗真)。
帰省の理由は店を切り盛りする弟の悟朗(濱田岳)に、古びた銭湯を畳んでマンションに建て替えることを伝えるためだった。実家を飛び出し都会で自由気ままに生きる史朗に反発し、冷たい態度をとる悟朗。
一方、「入浴、お風呂について深く顧みる」という「湯道」に魅せられた定年間近の郵便局員・横山(小日向文世)は、日々、湯道会館で家元から湯を学び、定年後は退職金で「家のお風呂を檜風呂にする」という夢を抱いているが、家族には言い出せずにいた。
そんなある日、ボイラー室でボヤ騒ぎが起き、巻き込まれた悟朗が入院することに。銭湯で働いているいづみ(橋本環奈)の助言もあり、史朗は弟の代わりに仕方なく「まるきん温泉」の店主として数日間を過ごす。
いつもと変わらず暖簾をくぐる常連客、夫婦や親子。分け隔てなく一人一人に訪れる笑いと幸せのドラマ。そこには自宅のお風呂が工事中の横山の姿も。
不慣れながらも湯を沸かし、そこで様々な人間模様を目の当たりにした史朗の中で徐々に凝り固まった何かが解されていくのであった・・・・・・。


【キャスト】
生田斗真、濱田岳、橋本環奈 ほか

企画・脚本:小山薫堂(『おくりびと』)
監督:鈴木雅之(『HERO』シリーズ、『マスカレード』シリーズ)
音楽:佐藤直紀

スポット名湯道
公開日2023年2月23日
ホームペ-ジhttps://yudo-movie.jp/
公開情報全国東宝系にてロードショー
著作権(C)2023 映画「湯道」製作委員会
ヨネミツ歯科

筑豊(飯塚)の天気

筑豊(飯塚・田川・直方・嘉穂郡)のイベント情報

今月の開催イベント
ハクエイ