ギンギラ太陽's × 劇団ショーマンシップ  PEACE HILL 天狗と呼ばれた男~岡部平太物語~

ギンギラ太陽's × 劇団ショーマンシップ  PEACE HILL 天狗と呼ばれた男~岡部平太物語~

直方市

【ギンギラ太陽’sと劇団ショーマンシップの話題のコラボ作再び!!】
2015年8月、戦後70年プロジェクトとして甘棠館1ヶ月のロングラン公演(31ステージ)を行った「奪われた手紙~福岡民間検閲局~」。
これまでに地元の歴史物語シリーズを創り続けてきた『劇団ショーマンシップ』と
「建物」や「乗り物」を被り物として擬人化し、地域に拘った作品を作り続けてきた『ギンギラ太陽’s』の2劇団がタッグを組んだ企画は連日多くの観客を集め、、地域文化の活性化の一役をも担ったとして、マスコミからも注目を集めました。

戦後75年の2020年、東京オリンピックが行われ、世界から多くの人々が集まる2020年
再びタッグを組んでこのプロジェクトが動き始めます!

【あらすじ】
近代スポーツに人生を捧げ「日本選手のオリンピック必勝法」をあみだした男!」

日本がオリンピックに初めて参加したのは、1912年のストックホルム大会。
しかし、当時の日本は「近代スポーツ」に取り組み始めたばかりで、良い成績を残せなかった。
そこに現れたのが、アメリカで近代スポーツを学んで帰ってきた「岡部平太」指導者としてだけれはなく、身体能力にも優れ、自らも選手として活躍していた岡部は「世界に通用する日本選手」を育てようと奮戦する。
しかし、精神論が支配する日本では、岡部のスポーツ改革はなかなかうまくいかなかった。
日本を飛び出し「満州」に活路を求める岡部。
日中の「スポーツによる平和親交」を目指すが、戦争により全てを奪われてしまう。
そして終戦。焼け野原が広がる福岡に戻った岡部は、平和への願いを込めた「平和台陸上競技場」をつくり、戦後初の国体を地元福岡で開催するのだった。

【キャラクターデザインに谷口亮氏!!】
2020年東京オリンピック・パラリンピックの公式マスコットキャラクターを制作し
脚光を浴びている、谷口亮氏がキャラクターデザイン!!

■時間 開場13:30 開演14:00
■場所 ユメニティのおがた 大ホール

Facebookシェアアイコン
0
社会福祉事業のベストグループ

筑豊(飯塚)の天気

筑豊の天気
---
最高気温/-℃
おかみの足湯